ニードル脱毛のプローブって何?

ニードル脱毛はプローブという細い針を用いて毛穴に挿入して通電させることで、発毛組織を電気熱で凝固させます。
ニードル脱毛は永久脱毛の有効性が高く、いったん処理した毛根からムダ毛が再生しづらいのが特徴なのです。

でも、痛みや肌への負担が大きく、施術後は、肌の赤みがなかなか引かないこともあります。
続きを読む

少々くびれが・・・

最近メタボのお腹がとても気になります。ダイエットしようにも面倒くさいというのが先に立ち、何かいい方法がないかと思案していました。 続きを読む

ガサガサしてきたら要注意ですよ~

肌の感覚というのは季節ごとにだんだんと変わってくるのですが、やっぱり冬になるとガサガサの乾燥肌がきになります。

乾燥肌は暖房などで室内の湿度が低くなったり、紫外線のダメージによるものであったり要因はさまざまです。

基本的には角質層の水分や皮脂が少なくなってしまうことで起こるので、保湿ケアが重要になります。

この間母にいわれたのが、洗顔のしすぎだということです。

洗顔をしすぎると余計な皮脂まで取り除いてしまってかえって乾燥するのだとか。それから洗顔の時に顔をゴシゴシするのもダメで、摩擦で肌にダメージをあたえてしまっているんですってよ。

いい洗顔料を使っていてもやり方が間違っていれば台無しというわけですね。

それから洗顔したあとは、本当にすぐに間を置かずに化粧水や乳液で保湿をしたほうがいいみたいです。

そのほうがしっかりと肌に浸透しやすいということなので、私も入浴後は集中して保湿ケアに取り組みたいと思います。

おすすめの乳液を見てみよう

これからもこの目薬のお世話になろうと思いました

少し前まで夜になると、昼頃と比べてテレビを見る際に目がぼんやりとした視界になることに気づき、元々目が悪い私ですが更に目が悪くなってしまったのか、 続きを読む

太陽は基本的には悪くないんだけど

紫外線というのは女性は最も嫌う天敵のような存在ですが、どうしてこの紫外線が悪いかメカニズムまでしっかりと知っている人は少ないと思います。

紫外線は皮膚に当たると表皮細胞が傷つきます。

それを修復しようとメラニン色素がでるんですが、これがシミとリンクしててやっかいなんですよね。

若いころはメラニン色素が細胞を守って、すぐ細胞が復活して元の白い肌に戻っていたのですが、歳をとるとメラニン色素が出てもなかなか細胞が回復しないがためにメラニン色素が消えないんですよ。

それに加えてメラニン色素はなぜか黒っぽい色をしているせいでそれが肌の細胞にとどまってついにはシミになるというわけです。

シミになったら最後なかなか取れないということになるので本当に紫外線はムカつきます。

女性は化粧水や美容液でしっかりと肌の調子を整えた後、必ず外出する場合には日焼け止めを塗る必要があると思いますね。

でも結局日焼け止めも肌にはそんなに良くないので、帰ってきたらメイク落としでしっかり落とさないといけませんが。

 アンチエイジングのための化粧水

腸がゴロゴロ鳴ったコンブチャは?

あの酵素サプリメントの上を行くとも言われるコンブチャ。

酵素以外に乳酸菌の量も多く、酵母、アミノ酸、ビタミンB群、抗酸化成分なども摂取できる飲料です。美容・ダイエットはもちろん、健康管理の1つとしても栄養満点のスーパー食品です。

続きを読む

糖質制限が向いている人

健康な人は、糖質制限に向いています。糖質制限は、糖分の摂取を極力避ける方法になるため、病気を持っている人が行うことは難しくなってきます。 続きを読む

ポツポツが気になってしょうがない

鼻の角栓をとるパックって、一時期流行りましたよね。

あれ、私もやってました。

いっぱい取れた時なんか、へへへってなもんでした。

目に見えるのが嬉しいですし。

でも、あれって結構毛穴を開いちゃって、汚れを取るはずが逆に溜まりやすくして黒ずみの原因になるらしいです。

困った話ですね。

あの剥がした時の爽快感がたまらんのですが、あれは刺激が強すぎちゃって良くないそうです。

あれだけCMしてたのに・・・

結局どうするのがいいのかというと、正しい洗顔と保湿だそうです。

当たり前と言えば当たり前のことですね。

洗顔をする時は、やりたくなりますが、ゴシゴシ力を入れず、いっぱいの泡でやさしく洗うのがいいそうですよ。

それから、乾燥は毛穴を開かせてしまうので、自分の肌にあった化粧水でたっぷり水分を補います。

それと重要なのは、肌のターンオーバーサイクルを活性化させること。

それには適度な運動をして代謝を上げないといけません。

なかなか難しいですが、少しでもウォーキングをしてみるとか、自分が楽しめる方法で持続できることを見つけて頑張りたいと思います。

敏感肌の日焼け止めを探しています。

季節の肌感覚が違うのはおもしろい

肌の調子って色々変わってきますよね。

年齢によっても変わってきますが、季節の変化だけでも敏感になったりべたつきやすくなったりしますよね。

でも基礎化粧品ってそんなにころころ変えられるわけじゃないので、みんなどうしてるんだろうって思います。

私は化粧水はいつも同じものを使っていますが、その後の乳液や美容液で肌に合わせるようにしています。

肌の基本的な性質は一緒なので、私は乾燥しやすいのでしっとり系の化粧水をたっぷり使って、紫外線ケアが重要な季節は美白系の乳液を使ったり、まだ潤いが足りないと感じる冬場なんかはさらに潤う美容液をつけたりしています。

年齢で変化してきたなと思い始めてから、アンチエイジング系の基礎化粧品に変えたりしました。

アンチエイジングと言っても色々あって、シワ、シミ、たるみ、その他いろいろ目的が違うものが出ているので、自分に合ったものを選ぶことが重要だと思います。

毛穴美容液はこちら

問題になることは

技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、歯がグラついて違和感をおぼえるなどといったトラブルの事例もあるようです。

インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないで下さい。
実は他の問題が隠れてい立ということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。

どんな問題がインプラント治療にあるかをいろんな情報ツールで調べ立と思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査の画像は、磁気を当て立ときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。インビザラインの洗い方、洗浄方法

検査で問題になることはまずありません。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかも知れません。
どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。

麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。
術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかも知れませんが化膿止めと伴に、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みがつづくことはまずないでしょう。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定され立ところで義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

口を開け立ところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。

次のページ →