カルシウムとタンパク質の摂取がカラダの成長の基本

いかに体を大きく、子供の身長を高くする為には、栄養をシッカリと取っておく必要があります。特に必要な栄養というのは、タンパク質とカルシウムです。カルシウムを取ることが出来れば、骨を成長させることができます。さらに身長を高くする為には、タンパク質が必要です。タンパク質というのは、骨を伸ばしたり、骨を強くしたりと言ったような事に使う為に必要になります。

カルシウムを多く含んでいるのは、牛乳やチーズなどの乳製品であったり、ワカメやひじきなどの海藻、小松菜、大根の葉、チンゲン菜と言ったようなものを食べるとカルシウムを増やすことが出来るといった特徴があります。

タンパク質については、基本的に肉類、大豆、魚類などを食べるのも良いのですが、さらに、マグネシウムと言ったようなものも同時に摂ることによってカルシウムをシッカリと骨に吸収することが出来るようになります。

この他にもカルシウムの吸収を良くする為にはビタミンDが必要になります。ビタミンDを意識して摂っておくことでカルシウムを吸収しやすくなると言った特徴があります。

http://xn--v8j1d4c438mcsx95iiv3dzml.xyz/

コメント