妊活と子宮の病気

子宮の疾病は妊娠力に影響を与えていくことをご存知でしょうか?
多くの病気に関してもよく見掛けるのが子宮内膜症。そもそも、子宮の内側を覆ってる子宮内膜が卵管や卵巣、腹腔などがこれ以外のところに発症する病気として、生理のある年代の女性の10人にl人が発病といわれているようです。

子宮内膜症というものは不妊症の原因の一種として有名で、卵管や卵巣に加えて周辺組織といった組織と癒着を発生させ、卵子といったものがそれらの器官を通過しにくいからと想定されていますが、現在でも明確には解明されていません。
50代女性だと4人に1人に存在しているという子宮筋腫も、発症する場所や形がきっかけとなって妊娠に影響してくるでしょう。子宮の内側に張り出している粘膜下筋腫はいくらちっちゃくても妊娠に影響することがあるし、最も高い頻度の筋層内筋腫は子宮の内腔をゆがめるものでは何をおいても不妊の原因が生じる場合もありますので留意することが大切です。
http://www.xn--dckzcp9i7e.xyz/

コメント