英文を読む際に注意すべきつなぎ語 5

英文に限らず、文章を読んでいると、「その代わりに」という表現が出て来ます。これは英文では「instead」「rather」などが使われますが、「その代わりに」と訳してしまうと、少し意識が弱くなってしまうような気がします。

そこで習ったのは、思い切って、「そうではなくて」と否定する訳し方です。例えば以下で例文を挙げてみますので、確認してみてください。Bob attended the meeting instead of Tom.

これは、トムの代わりにボブが出席した、というよりは、トムではなくてボブが出席したと、思い切ってトムを否定する方が楽なんです。似たような表現の「rather」ですが、これは「むしろ」と訳すよりも、「そうではなくて」の方がスッキリします。思い切って否定すると強く意識できます。

ちなみに、最近「食欲抑制剤」のリデュースを飲んでいるのですが、ほかの薬と相性が悪くないか気になります。そこで確認したところ、ロキソニンとの相性はあまりよくないそうです。くわしくは↓のサイトをみてくださいね。

http://www.reduceloxonin.work/

スーパーの特売日はほんとにお得!私、毎日スーパーに行ってるんですけど、チラシを見て行くと買い物が上手になったような気になります!

チラシって普通に見ると派手なだけで本当に安いのか疑いたくなるけど、毎回見てるとどの商品がどのくらい安いって違いがわかるようになるんです!私がいつも買ってるのは野菜なんですけど、特売日の日に買うのと通常の日に買うのは全く違います!

日によっては50円以上違うときもあってびっくりします!特に野菜が高騰してるときは安い日を選ばないと損になるので、チラシは絶対に見ます。チラシがなければ生きていけない体になってるような気がしますね。

コメント