貸しスタジオで叩くドラミング

ドラミングとは、太鼓のセットであるドラムスを叩く事です。
スティックと呼ばれるバチで、数個ある太鼓とシンバルを叩き、リズムを刻む楽器です。

一般的な楽器ではないので、馴染みが薄い楽器ですが、楽器店などにある貸しスタジオなどに、セット化されている事が多いです。
貸しスタジオを借りて、セットされているドラムスを叩く事ができます。
一人でもできますし、スタジオという部外者が入れない空間で叩きますから、恥ずかしい事もありません。
貸しスタジオでドラムスを叩くのはストレス発散にも最適です。
お薦めしたい趣味の一つです。

何と言っても清々しい気持ちになれる事です。爽快になれます。
ドラムスは、両手に持つスティックと、両足を踏んで音を出す楽器です。
両手両足を使うので、一見するととても難しく感じるのですが、やってみるとそんなに難しい訳でもありません。
完璧に演奏するとなると大変ですが、個人の趣味として行う程度であれば、問題はありません。
ちょっとした機械ですし、慣れて来るとどんどん面白くなります。
教えてくれる人がいなくても、スティックでシンバルと太鼓をたたき、両足でバスドラムとハイハットという挟むシンバルを踏んでリズムを出します。
ただ叩いて音を出すだけでも楽しいですが、スマホからコードでアンプに繋いで、音楽をかけながら叩くと、一人で叩いているのではなく、大勢で演奏している気分になれます。
貸しスタジオには一般的に、ドラムス、ギターアンプ、ベースアンプ、キーボードが備えられていて、バンド形式の練習ができる様になっています。
他の楽器ができる人たちと共にバンドで演奏できればより楽しくなります。
バンド経験者を集めるのも大変ですし、時間を合わせる事も大変ですから、先ずは一人でドラムスを叩く事がお薦めです。
スティックだけ買って持ち込んで下さい。あとはスタジオにあるセットを叩くだけです。お薦めはスマホと共に叩く事です。
気分爽快ですよ。
リフォーム 会社 選び

コメント