肌を乾燥させないための工夫をしています

私がスキンケアで気をつけていることは、肌を乾燥させないようにすることです。

肌が乾燥してくると、痒みやツッパリ感などがあります。

それをそのまま放っておいてしまうと、さらに症状が悪化してしまい、保湿クリームをつけても、しばらく状態が良くならないことがあります。

比較的、乾燥しない時にはまだ良いのですが、冬は特に乾燥しやすいので、すぐのケアがとても重要です。
私は皮膚が痒いと、どうしても掻いてしまう癖があります。

皮膚を掻いてしまうと、確実に皮膚は炎症を起こしてしまい、さらにヒリヒリして赤くなってしまいます。
見た目にも良くないので、やはりすぐに保湿クリームをつけ、なるべくそこは触らないようにするのが一番です。

スキンケアは保湿も十分大切ですが、やはり肌を作るたんぱく質の摂取も重要です。
たんぱく質不足になってしまうと、どうしても肌がカサつきがちになってしまいます。

今年の冬は例年に比べると、比較的、肌の乾燥も落ち着いています。
早めにビューティーオープナーをつけるとともに、やはりたんぱく質を例年よりも多めに摂っているからだと思っています。

今後はさらに肌の乾燥を減らし、しっとりとした肌を目指していくためにも、いろいろなことをやっていきたいと思っています。”

コメント