面接して話を聞いてみないとわからない現状。

私は医療系の事務員をしています。小さな診療所から大きな病院へ転職しようとしていた時のことでした。

医療事務員としての面接に行った時のことです。

そこの病院は病院と付くだけあって、小さな診療所というよりも、大きな病院でした。
ドクターも何人かいます。
それなのに業務の話を聞いてびっくり。
病院の受付から、診療案内、医事会計業務まで一人でこなして欲しいというのです。

「それではお休みをどうするのですか?私が休んだら代わりになる人がいないではないですか?」
と尋ねるたところ、
「あんまり休まないで」との返答。

私はびっくりしすぎて声が出ませんでした。
確かに休むということを前提で仕事探すのはよくはありませんが、私が休んだら仕事が回らなくなる。
本当にその状況です。

今までは派遣の人で補っていたらしいのですが、誰かそこに正社員として事務員が入社したら派遣社員を切るとのことらしいのです。
普通だったら3つのポジションにそれぞれ1人ずついるのが普通だと思います。
もしくは3人ずついてみんなでその業務を回していくかです。

しかしそれがまるっきり1人とは、最初の面接の時からそんなおかしな話を聞いて、こちらとしても入社する意志が無くなってしまいました。
外から見るとそれなりの病院なのでそんなに人材、人件費に困っているようには見えなかったのですが内情は火の車のようです。
びっくりした出来事でした。”

コメント