昨今の恋愛観を斬る

今の若者はお水遊びをほとんどしない。コスパうんぬんもあるが、最大の原因は今の男子は受け身でしてもらうの

待ちになったからだと思う。つまり行動原理が女子とほとんど同じになった。

日本の伝統?として、恋愛は男性が能動的に動き、女性は受け身でかつ選択権は主に女性側にある。その伝統に従うならば、男性が能動的に動かないならば恋愛状況は発生しない。

ゆとり教育以降、フルアテンドで用意してもらって当然で、聞いてません、言われなかったのでやりませんでした、関係ありませんから、それって意味あるんですか? という応答はごく普通になった。

ゆとり教育とは、大人の側に全部用意してもらって当たり前で、積極的な競争はなしで、誰もがありのままを肯定される教育なので、そういう教育で育てばみな受け身になって当然になる。

男性は今までが能動だったから、受動になると変化が目立つので、草食系男子・絶食系男子が大いに話題になった。

女性は今までが受け身で、ゆとり以降それがさらに受け身で当然になったが、元が10の受け身のところが15になったところで見た目の変化はそんなに分からない。

しかしカタギよりもずっとサイクルの変動が激しい水商売だと、キャストが能動的にサービスしなくなった、つまりお客さんを接待しなくなったことがはっきり見て取れる。だからキャバはオワコンになった。
ペアマティックプロジェクトもそうなのだろうか?ゆとり世代はしてもらって当たり前で、自分が一番大事。そういうメンタリティだと、愛する人のためならば火の中水の中という行動にはならないので、恋愛は発生し難くなる。

なのでカップルが成立しても、行っていることは20世紀とはまったく違っている可能性がかなりあり、それは旧来的な意味での「恋愛」とは別種のものなのではないかという気がする。

してもらって当たり前で、自分が一番大事。そういう行動様式は、今後の社会に大きなインパクトを与えて行くと思える。

コメント