問題になることは

技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、歯がグラついて違和感をおぼえるなどといったトラブルの事例もあるようです。

インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないで下さい。
実は他の問題が隠れてい立ということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。

どんな問題がインプラント治療にあるかをいろんな情報ツールで調べ立と思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査の画像は、磁気を当て立ときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。インビザラインの洗い方、洗浄方法

検査で問題になることはまずありません。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかも知れません。
どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。

麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。
術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかも知れませんが化膿止めと伴に、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みがつづくことはまずないでしょう。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定され立ところで義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

口を開け立ところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。

コメント