太陽は基本的には悪くないんだけど

紫外線というのは女性は最も嫌う天敵のような存在ですが、どうしてこの紫外線が悪いかメカニズムまでしっかりと知っている人は少ないと思います。

紫外線は皮膚に当たると表皮細胞が傷つきます。

それを修復しようとメラニン色素がでるんですが、これがシミとリンクしててやっかいなんですよね。

若いころはメラニン色素が細胞を守って、すぐ細胞が復活して元の白い肌に戻っていたのですが、歳をとるとメラニン色素が出てもなかなか細胞が回復しないがためにメラニン色素が消えないんですよ。

それに加えてメラニン色素はなぜか黒っぽい色をしているせいでそれが肌の細胞にとどまってついにはシミになるというわけです。

シミになったら最後なかなか取れないということになるので本当に紫外線はムカつきます。

女性は化粧水や美容液でしっかりと肌の調子を整えた後、必ず外出する場合には日焼け止めを塗る必要があると思いますね。

でも結局日焼け止めも肌にはそんなに良くないので、帰ってきたらメイク落としでしっかり落とさないといけませんが。

 アンチエイジングのための化粧水

コメント