路線価とは何か

毎年7月になると、国税庁は路線価なるものを発表します。

この言葉をよく聞くかもしれませんが、しかし何を意味するのかがよくわからないという人もいます。路線価とは何か、その秘密に迫ってみます。そもそも路線価とは一体何でしょうか。これは相続税を計算するときに必要なものです。土地はある意味生き物です。値段は刻々と変化します。しかし、すべての土地を一つ一つ時価で計算するのは容易な事ではありません。それで計算するのに助けとなるということで税務署は道路に値段をつけています。この道路に付けられた値段が路線価といます。これに合わせてそれぞれの土地の価格が出されて行きます。これが発表されるのは7月1日です。なぜ7月1日なのでしょうか。それは相続税の計算を間に合わせるためです。1月に亡くなった人は10月には申告しなければなりません。それに考えますと、遅くても7月には発表しないと計算が間に合わなくなるためです。そのために国税庁は7月に発表します。くろあわわ

コメント