不公平にならないため

路線価は地価表示額、売買実例価額、また不動産鑑定士による土地の算定価格など様々な資料に基づいて決められていきます。

このように様々な資料を参考にするのは不公平にならないためです。路線価はおよそ公示価格の8割程度となるようにしています。しかし、土地の形状は様々ですので、すべての土地がこの価格よって決まるというわけではありません。正しい査定価格を出すためには経験が必要だといえます。しかしこれによって自分の土地の価格をある程度出すことができるのは大きな武器といえます。もしこの路線価のことをよく知らなければ、自分の土地を売る場合、本当のところ幾らなのかがよくわからないとなります。不動産屋が出してくる数字をそのまま鵜呑みにするしかなくなります。しかし、自分で計算することができるなら、ある程度の目安を知ることができるわけですから交渉にとって大変有利といえます。今後、土地を購入するあるいは売却する予定がある人は身につけておくと良い知識です。雪肌ドロップ

コメント