一定の調和を

人間の体には、生存の目的のために常にある一定の調和を保つようにする働きがあります。その調和を保つ役割をしているものに、

何種類かの化学物質があります。体の状態に応じてこの化学物質は、増えたり減ったりします。この物質の一つがホルモンと呼ばれるもので、肌の美しさと大きな関係を持っているものということができます。このホルモンの分泌は、どのようなシステムとなっているのでしょうか。ホルモンの分泌量を支配しているコントロールセンターともいえるものは、脳の中にある視床下部と言われている器官です。視床下部は、ホルモン分泌の指令を出す前に、まず体の様々な状態や実際に体を駆けめぐっているホルモンの量を調整しています。それによってどの程度の量のホルモンを分泌すればよいのかという決定を行うというようです。その決定は脳下垂体を経由して副腎皮質や甲状腺、生殖腺に伝えられて、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、性ホルモンといったものが分泌されるということになります。アゲール-ナイトブラ

コメント