睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンとは?

メラトニンは脳の松果体と呼ばれる部分から分泌されるホルモン。
体内時計に働きかけることで、覚醒と睡眠を切り替えて、自然な
眠りを指そう作用を持っており、別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれて
います。

体内時計は朝、光を浴びるとリセットされて覚醒した状態に導か
れます。同時にメラトニンの分泌も停止します。

メラトニンは朝起きてから14~16時間経つと再び体内時計から
の合図で再び分泌を始めます。そして徐々にメラトニンの分泌
が多くなって、深部体温が下がり、眠気を感じるようになります。

他にもメラトニンは抗酸化作用により細胞の新陳代謝を促したり
疲労を回復する役割も持ち、病気の予防や老化防止にも
効果を持つ今注目されているホルモンの一つです。

実は、メラトニンは夜間に多く分泌されます。
その分泌の量は光によって調節されています。

そのために、夜遅くに強い照明の中にいると、体内時計の働き
が乱れてメラトニンの分泌が抑制され、睡眠覚醒のリズムが
乱れる原因となることがわかっいます。

ピースナイトの口コミは本当?睡眠の質向上の効果に期待!

コメント