50代になり手の甲の老化に悩んでいます

50代になってから手の甲の老化が顕著になってきました。

もともと乾燥肌であることも影響して老化に繋がっているのだと思います。症状としては手の甲にシワがたくさんできており、まさに見た目がシワシワなので手の甲だけを見ると、まるで70代のおばあちゃんのようです。シワだけではなく、ポツポツとシミもできてしまっています。私自身はまだ50代になったばかりなのに、この手の甲の老化具合には、本当に情けなくなります。あまりに手の甲がしなびていて老人のようなので人前で手を出すのがすごく躊躇されます。

もちろん日頃から手の甲の老化を少しでも改善するために、ハンドクリームなどでハンドケアをするようにしていますし、食器を洗う時にもゴム手袋をして手の皮膚を化学物質から守るようにしています。出かける時には手の甲にもたっぷり日焼け止めクリームを塗ってから出かけています。それでも手の甲の老化が止まらないのです。皮膚科に行けばこのシワ、そしてシミなどを治療してもらえるのかもしれませんが、その場合は美容皮膚科の受診になるでしょうしレーザーで手の甲のシミ取りをすると保険も効かないと思うので今すごく悩んでいます。本当に手の甲が若返りできるのなら、高額な治療費をかけるのも良いかもしれません。

コメント